Training Model

昨今、低侵襲治療は患者さんのQOL(Quality Of Life)にとって重要となっています。医師の方々にとっては難易度の高い治療方法への技術向上の助けになるべく研究と開発をしています。

(企画、開発検証などは各専門分野の医療従事者やエンジニアの方々との共同プロジェクトになることも多く、デザイン・設計・制作は一部樹脂・金属加工を除き自社にて行っております)

※一部モデルはご契約いただいている企業・研究機関以外への開発・販売・ご提供は行っておりません。

エコー穿刺モデル(エコーファントム)
trainingmodel01
Training model for Ultrasound and Puncture
Echo01
画像はモデルを水を入れたバケツに沈めた状態でのエコー描出です。右上側から出ている線が穿刺針です。

エコーを当て、腫瘍を発見し、エネルギーデバイスによる穿刺可能な画期的なモデルです。

これまでエコーで診断するだけのモデルはありましたが、治療シミュレーションまでできるものはほとんどありませんでした。

腫瘍部分にはハイドロゲルを使用しており、実際にエネルギーデバイスによる焼灼も可能です。

比較的エコー描出が乱れにくい素材ですので、何度でも使用できます。

当社では、モデルの無色有色関係なく、エコーのロー・ハイの使い分け制作が可能です。様々な臓器に対応しています。

透明なシリコンモデル
Siliconemodel
Transparency silicone model

必ずしも生体の色に近いモデルだけが望まれているのではなく、治療機器などの視認性が必要な場合もあります。手荒に使用すれば破断します。柔らかさ、伸び、透明度、色、破れにくさなどシリコンなどの柔軟素材に様々な調整を加えモデルが出来ます。

モデルの金属型
metalmold
Metal mold

特に透明度が必要とされるモデルの場合には、まず金属をピカピカに磨き上げた型を制作し、それを使って成型します。この型は原型を当社で制作し、世界的に鋳物産業で高名な富山県高岡市の熟練職人によって丁寧に作られます。鋳物はCNC切削(コンピュータ数値制御による製造)では難しい形状の再現性に優れています。

センサー制御
Sensor control
Sensor control

(画像は試作品です。)

自分の意志とは関係なく体の中は動いています。心臓、胃腸、肺などは体の中で動くので、隣接する臓器や器官も一緒に動かしてしまいます。様々なセンサーやモーター、機器を使ってそれらの動きを再現します。時には制御プログラムから自作します。

当社が得意とするモデル 

消化器や泌尿器、分泌系関連のモデルが比較的多いです。柔らかさや色、粘膜の表情、血管走行、発赤、病変の有無などカスタマイズできます。

・ERCPモデル:十二指腸内視鏡による内視鏡的逆行性胆管膵管造影手技。カニューラ挿入からステント留置、採石などに対応。

・上部・下部消化管悪性病変検出・観察モデル(NBI※対応):白色光では発見しにくい小さな病変を組込むことが可能です。※NBI:狭帯域光観察(オリンパス社製の内視鏡システム)。

・EUS(Endoscopic Ultra Sound)用各種モデル: 穿刺、生検、ステント留置などに対応。

・泌尿器モデル:腎臓、膀胱、外性器(男性)に起こる様々な病気に対応しています。

その他あります。